Speed Wi-Fi NEXT WX05

ブロードワイマックスWX05

 

 

Broad WiMAXで2018年11月8日より販売開始の
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT WX05

 

メーカーはNECプラットフォームズで日本製
下り最大440Mbpsの高速通信に対応しています。

 

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

 

ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円必要になりますが

 

Broad WiMAXは3年契約限定となりますから
特典としてLTEオプションを無料で使うことができますよ。

 

 

WiMAXハイパワー対応

 

旧機種のWX04より改良された点として
まず挙げられるのはWiMAXハイパワー対応

 

自宅内や建物内などの電波が弱いエリアにおいて
通信速度がおよそ20パーセント程度改善されているんですね。

 

電波が弱いエリアでも送信パワーをあげる事で
基地局に電波が届きやすくなりパフォーマンスが向上します。

 

専用クレードル

 

別売りのクレードルにはWX04から受け継がれている
ダブルウイングアンテナ搭載

 

 

WX05ダブルウイングアンテナ

 

 

ダブルウイングアンテナで電波を360度均等に放射して
対応子機に向けて集中的に電波を送信しスループットを改善します。

 

室内での接続がより強化されているわけですね。

 

かんたん設定

WX05おまかせ一括設定

 

 

おまかせ一括設定が搭載されてワンタップで一括設定が可能に

 

3種類のシーンに合わせた最適な端末設定がワンタップでできるので
はじめてのwifi端末でも安心して使うことができます。

 

wifiビジュアルステータスは
周囲のwifi使用状況をビジュアル的に表示するツールで

 

 

Broad WiMAX WX05

 

 

wifi混雑状況を棒グラフで表示し、どのチャンネルで
通信機器が多く使用されているかを確認することができます。

 

混雑の状況が確認できるツールとなっているんですね。

 

タップで空いているチャンネルに切り替えることが可能で
より快適にWiMAXが使えるツールとなっています。

 

データ通信量の推移データ表示は
最大3日間のデータ通信量を累計グラフで表示するツール

 

電池残量の推移データ表示では
最大5時間の電池残量推移を表示することができます。

 

残り時間の表示はバッテリー残量が少ない場合に表示されます。

 

電波インジゲータはWiMAX2+の電波が強い場所を探せるツールで
棒グラフで受信電波の強さを表示するようになります。

 

クイックメニューに配置されていますから
すぐに電波の強さを確認することができるわけですね。

 

通信量カウンターとの連携機能

WX05通信料カウンター

 

 

WX04にも搭載されているワンタイムHS+Aに
通信量カウンターとの連動機能が追加されました。

 

あなたが設定したデータ通信量のしきい値に達した時にも
自動的にハイスピードモードに切り変わるようになります。

 

ハイスピードプラスエリアモード月7GBの通信制限を
回避するために備わった連携機能だといえるでしょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05の基本的なスペック

サイズ 高さ111mm×幅62mm×厚さ13.3mm
重さ 約128グラム
連続通信時間 約11.5時間(スタンダード)
連続待受時間 約700時間(休止状態)
バッテリー容量 3200mAh
同時接続 最大10台

 

カラーバリエーションは
ソニックレッドとピュアホワイトの2色

 

 

ブロードワイマックスWX05

 

 

Broad WiMAXでは2018年11月8日以降順次発送開始
3年契約で代金・送料ともに無料となっています。

 

なお、2020年1月には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX06の販売もスタートしていますよ。